リボンド of 株式会社ミツバオーソサプライ

other_title.jpg

リボンド

oth_ribond_img_01.jpgクリックで拡大目立たない・ほどけない・強固で薄い
動揺歯固定および矯正保定用スプリント繊維

リボンドは、光重合型コンポジットレジンおよびボンディング材と併用する、強度・接着性・生体親和性・耐久性のある動揺歯固定および矯正保定用スプリント繊維です。
しなやかな繊維のため、歯牙の複雑な形態にも容易に適応し、
コンポジットレジンの色調に順応するため目立ちません。
LinkIconその他ご用意いただくもの
LinkIconリボンドの種類


 リボンド基本ステップ

oth_ribond_img_02.jpg

① リボンドの計測および切断

  • 接着させる部位に付属の計測用箔を用いて歯面および隣接面などに適合させ長さを計測します。
  • 計測した計測用箔を伸ばし、リボンドを専用ハサミでカットします。
oth_ribond_img_03.jpg

② リボンドの処理

  • リボンドにD/Eレジンを全体が半透明になるまでしっかりと染み込ませます。接着させるまで遮光します。
oth_ribond_img_04.jpg

③ 酸処理
④ ボンディング処理
⑤ 光重合型コンポジットレジンの填塞

  • 通法どおり接着処理を行い、コンポジットレジンを填塞します。
oth_ribond_img_05.jpg

⑥ リボンドの接着

  • 処理したリボンドをコンポジットレジンに圧接し、歯間部および歯面に適合させ、余剰のレジンを取り除き、光照射します。
oth_ribond_img_06.jpg

⑦ 光重合型フロアブルレジンの塗布

  • リボンド表面全体にエリートフロまたはエリートフロLVで被覆し、ブラシ等で均一に伸ばした後、光照射し仕上げ研磨します。

bracket_btn_small.giftube_btn_small.gifband_btn_small.gifwire_btn_small.giferastic_btn_small.gifscrew_btn_small.gifmouth_btn_small.gifInstrument_btn_small.gifother_btn_small.gif